女性はご注意!子宮がんの知っておくべきお話

その他 治療について

がん保険のすすめ

ガンにかかる経費は、すべて見積もっても数百万円はかかってきますが、このご時勢、すぐにぽんと大金を出せる人はめったにないでしょう。しかし病気は予測もしないときに突然おこります。そのためにも日ごろから少しずつ万が一のための積立を作っておくことは必須かと思えます。

市町村も、本当に困った人のための貸付や補助金を用意してくれています。ただ、手続きやらなんやらで数ヶ月またされるのもお役所の難点でして・・・。そこをちょっと我慢すればなんとかカバーしてくれるでしょう。

それでも不安が残るという人はがん保険をオススメします。 最近はどこの生保でも必ずついています。まだ値下げ競争も激しいので、昔よりも保険料が安くなっているところが多いようです。

ただ、専門家の間では、あまり生保に関わらない方が懸命だという人もあり、がん保険がはたして絶対有効かという疑問は残りますが、そうした中でも、死亡保険と万が一のがん保険は最低あった方がいいという声も根強いのです。

特約をいろいろつけてしまうと、それだけ家計への負担がかさんできますので、保険やさんの甘言に振り回されないことが重要です。病気になってしまってからの加入だと、保障してくれないことが多いので、なるべく健康なうちに、夫婦または家族で加入できるところを探してみましょう。

ただし、生保はあくまでも健康保険の補助ということで、不足分をカバーするための加入と思ってください。生保の方が主流になってしまうと、それだけ損する事になりますから。

Copyright (C)女性はご注意!子宮がんの知っておくべきお話 All Rights Reserved