女性はご注意!子宮がんの知っておくべきお話

その他 治療について

治療費用

がんと診断され、いよいよ入院となった場合、先立つものはお金。がんは"高額医療"の代表格です。まず精密検査のレベルから万単位で経費がかかってきます。

考えてみると、これで検査の結果、ガンが確認できなかったとしたら、かかった費用はどうなるのだといいたくなりますが、一応危険は回避できたということで、経費はその安心料ということで、納得するしかありません。がんが確認できたらできたで、手術代、薬代、検査費、部屋代、通院費、治療代などなど様々な経費がかかってきます。

今は完全看護が主流なので、さすがに家族がつきっきりで看護する必要はなくなりましたが、見舞いに来た時の交通費や見舞い返し、などなど合わせた総額が100万円は余裕で超える程度は覚悟しておいた方がいいようです。患者本人が一家の大黒柱だった場合、長期入院になることは予想されますので、その間の働き手がいなくなることになります。

患者本人が主婦であった場合、一家の台所と家計、子育てなど重要な役割をになっていた部分が長期留守ということになりますから、普段多忙に働いている主人に、子育てと家事の重圧がかかってくることになります。誰がガンになってものしかかってくるものに大差はないように思います。いざという時に困らないように、今から出来る範囲で備えをしておくに越したことはありません。

生活困窮者でガンになってしまい、治療費が払えないという不安を抱えている方も、国や自治体には、誰もが平等に治療を受ける事ができるための制度をいくつも作ってくれていますので、ぜひ大いに活用してください。一例としては高額療養費助成金(保険適応外の分で上限を超えてしまった場合にその分の払い戻しができる)、小児慢性疾患医療費助成制度(18歳未満対象)、高額療養費貸付(高額療養費の支給が開始されるまでのつなぎ費支給)などがあります。

さらに生命保険のがん保険などでも、様々な商品が出ていますし、家計に応じて、様々なコースを用意しているところも多いです。もよりの保険福祉施設や市町村の窓口で相談してみてください。

Copyright (C)女性はご注意!子宮がんの知っておくべきお話 All Rights Reserved