女性はご注意!子宮がんの知っておくべきお話

子宮頸がん

子宮頸がんとは

あらためて子宮頸がんについて考えてみたいと思います。先述したように、女性の脅威であるガンに乳がん、子宮がん等があります。このうち乳がんに関しては、「ピンクリボン」といった世界的に知られる運動があるように、すでに地球規模で市民権を得ているのに比べ、子宮がんはまだまだ認知度が低いのが現状です。

まして子宮頸がんに関しては、やっと最近になってマスコミにちらほら名前がでてきたような有様です。女性を襲うガンには違いないのに、乳がんと子宮がんとで、なぜこうも扱いが違うのでしょうか。

想像するに、検診の際にとるあの姿勢のつらさ、男性医師への抵抗、さらに内部に器具や"指"を強引につっこまれるつらさなどもあるのでしょう。

子宮頸がんは、20代後半~30代の血気さかんな年代に多く発生することから、より進行が早く、症状に気づいて通院を始めたときにはすでに遅し、といったこともあるのかもしれません。他様々な要因があるのでしょう。

いずれにせよ、早期発見・早期治療によって、けっして怖くない病なのだということは覚えておきたいですね。特に子宮頸がんは、膣の先のペニスと直接接触する部位にできるガンですから、近所の婦人科でも容易に発見できるガンです。

子宮がんの発症要因の多くは、閉経などによるホルモンバランスの狂いが大きく関与しているとされていますが、子宮頸がんにいたっては、HPVというウイルスによるところが大きいことが明らかになっています。結果、男性遍歴が多い人ほど要注意であるということです。生理以外の出血やおりものがあるといった、異常が認められる人は、できるだけ早く婦人科を訪れてください。

Copyright (C)女性はご注意!子宮がんの知っておくべきお話 All Rights Reserved